Ruby子育てファミサポシステム

Ruby言語とオープンソースで開発された子育てファミサポシステム。
ファミリーサポートセンターのセンター業務をインターネットで効率的に管理いただけます。

Ruby子育てファミサポシステムの特徴

インターネットとブラウザがあれば、IDをパワスワードを利用して、センター職員様や会員様がログインして利用出来ます。ユーザー数は無制限・追加コストはありません。

インターネットを利用していることから、離れた拠点や事務所で利用が可能です。
政令指定都市や複数地域での広域活用、NPO・社会福祉協議会様などに運営を委託している場合に活躍します。

開発効率の高いRuby言語で開発されていることから、運営ニーズに沿ったカスタマイズが可能です。

会員管理機能

サービスを利用する会員の方や子ども、提供する会員の基礎情報を管理します。コーディネート情報の記録機能。

活動報告

活動の報告を管理します。提供する会員の方がIDとパスワードでログインし活動報告を入力する機能。

月次集計・年次集計

集計が必要な項目について集計を自動で行います。必要に応じてCSVファイルを出力し、オフィスソフトと連携しての印刷機能。

Ruby子育てファミサポシステムイメージ図

導入実績一例

  • 東京都  1地区
  • 神奈川県 1地区
  • 山梨県  2地区
  • 広島県  1地区
本件に関するお問い合わせ